すこやかに育てと
願いを込めて

人形の館河田

北は東北、南は九州
自らの足で、職人の元へ出向き揃えた
こだわりの雛人形
わが子を守る、特別な一つをご提案します。

雛人形ご契約までの流れ

  • 1.
    流れ1

    まずは店頭へ!
    お気軽にお越しください。

  • 2.
    流れ2

    素敵な一品選び

    お人形ののせかえもできる!
    ※できない物も御座います。

  • 3.
    流れ3

    ご契約

    お子様への素敵なお一つをお選び下さい。

  • 4.
    流れ4

    配達日程の指定

    「縁起事は日柄も大切」大安・友引・先勝などご希望のお日にちをお選びください。

  • 5.
    流れ5

    飾り付け

    当店スタッフが心を込めて飾り付けに伺います。

  • 正月飾り

    正月飾り

    お子さんが初めて迎えるお正月
    無事に育ってくれてありがとうの気持ちを込めて
    無病息災のお守りを飾りましょう

  • 破魔弓

    破魔弓

    雄々しく、
    力強く、
    健やかに育てとの願いをこめて

    古くから中国では、「鍾馗(しょうき)と呼ばれる強い武神が端午の節句の頃に現れ、弓で悪霊を追い払う」という言い伝えがありました。 この風習が日本の宮中にも伝えられ、正月17日に弓を射る儀式となったといわれています。 戸時代に入ると破魔弓は飾り物・贈り物として盛んとなり、初正月飾りの代名詞として現在も変わらず受け継がれ、 男児の初正月には雄々しく、力強く、健やかに育てとの願いをこめて破魔弓を飾ります。

  • 羽子板

    羽子板

    厄を跳ね返す、お子様のお守り

    羽子板で突く羽の玉は「むくろじ」という大木の種です。 この「むくろじ」は漢字で「無患子」。すなわち、「子供が患わ無い」という意味となります。 また羽子板の羽がトンボに似ていることから、子供の病気の原因となる蚊をトンボが食べてくれるように、 羽を恐れて子供が蚊にさされないようにという、お子様のお守りともいえるものです。 また板により、厄を跳ね返すとも言われます。

  • まり

    まり

    「角のない丸い子になりますように」
    「生涯を円満に過ごせますように」

    手まりなど、平安時代の子供のおもちゃの役割は、子供から汚らわしい悪霊を吸い取らせるという意味がありました。 おもちゃを子供に持たせ、穢らわしさ(悪い念)が子供についてしまわないようにするもので、持っているおもちゃに吸い取らせて、最後に放る(まる)ということが「まり」の語源になったとも言われています。またその形から、「角のない丸い子になりますように」、「生涯を円満に過ごせますように」といった意味があります。

ご来店の皆様へ
安心してお求め頂くために
人形業界には原価に対し、いくらで上代(一般価格)を設定するかという目安があります。現在では一般価格を表示せず、販売価格のみを表示しているお店もございますが、一般価格から2割、3割引の価格で販売するお店がほとんどでしょう。
当店は全国の職人より直接の現金仕入れをし、無駄な経費や外交販売を省きました。また通年を通し、赤ちゃんデパート河田を営業している為、会員様には特別価格でのご提供を可能にしました。
お客様の顔色をうかがい、割引など差をつけることは致しません。
「より良いものを、良心的な価格で、安心して買い物ができるお店でありたい」
当店が大切にしていることです。

赤ちゃんデパート河田/人形の館河田

住所
〒430-0803
静岡県浜松市東区植松町16
アクセス
JR東海線浜松駅
9番ターミナル「磐田・見付」または「中野町」行き
西遠学園入口(バス停)徒歩1分
TEL
053-462-9438
(人形館直通) 053-466-3558

今すぐ店舗WEBページをチェック!

店舗WEBページへ飛ぶ ▶︎